職業別

主婦でも、パート・アルバイト収入があればおまとめ可能!収入が低ければ、消費者金融など会社は限られる

更新日:

主婦でも借りられる!?専業主婦と主婦の違いからご説明

主婦の方であれば旦那さんの給料日の前に生活費が足りなくなったという経験があるのではないでしょうか。

一生懸命節約したものの、給料日まであと一万円足りないというのはよくある話です。

あるいは生活費は足りていたのに友人の結婚式があったり、子どもが生まれたり、お葬式があったりして急な出費が出たという時もお金が足りなくなってしまいます。

そんな時に利用したカードローンやキャッシングが溜まっておまとめローンを申込みたいという方は少なくありません。そんな方はおまとめローンを利用できるのでしょうか。

専業主婦と主婦の違いは自力での収入の有無

まず金融機関・貸金業者のホームページを見ると、専業主婦と書かれているもの主婦と書かれているものとがあることに気づきます。

この二つには違いがあるのでしょうか。その違いについて理解しておくことは、融資を申し込むために非常に重要です。

そもそも主婦とは家庭の中で家事を行っている女性すべての事です。

その中で特に家事だけを専門に行っていて収入を得る仕事をしていない人の事を専業主婦と呼びます。

大きな違いは収入の有無です。この違いはおまとめローンを利用する時に大きく影響してきます。

専業の方の場合にはおまとめローンを利用する時には選択肢が銀行系のカードローンなどに限られるからです。

専業主婦では消費者金融の融資は難しい

それは総量規制という法律によって融資の総額が年収の三分の一以下に制限されていることによります。

専業主婦の方は収入がないため、消費者金融など総量規制の対象になる融資は受けるのが非常に難しくなります。

専業主婦でも銀行系カードローンは利用できる!

一方で銀行系のカードローンは総量規制の対象にならないので、審査は厳しいものの収入がない専業の方でも利用することが可能なのです。

もちろん配偶者や同居の両親などに収入がある場合には消費者金融のおまとめローンも利用できることもありますが、その際には収入証明書を提出する必要が生じるでしょう。

兼業主婦は仕事と家事とで大変!それでも収入が低く安定していなければ消費者金融でのおまとめがオススメ

一方で収入を得る仕事をしている兼業主婦の方の場合にはおまとめローンの選択肢が広がることになります。

働きながら家事をこなしている方は毎日大変な量の用事を済ませなければならないでしょう。

パートとして働いている方よりも一日中働いている方の方が当然収入が多くなるので、おまとめローンも利用しやすくなります。

収入が多い場合には銀行系のカードローンでも審査に通る可能性は十分にあります。

しかし兼業主婦の方でそれほど収入が多くない方、または収入が不安定な方の場合はどうでしょうか。

兼業主婦だけど収入が少ない…消費者金融のおまとめローンなら審査が通るかも!

実は金融機関・貸金業者が審査でもっとも重視するのは、返済能力があるかどうか、収入が定期的にあるかどうかです。

ですから銀行のおまとめローンを利用するのはかなり難しくなるでしょう。

したがって、収入が低く不安定な方にオススメなのは消費者金融のおまとめローンとなります。

消費者金融のおまとめローンであれば審査も比較的緩く、兼業主婦の方でも借りやすいからです。

消費者金融でおまとめする際の注意点

ただし借金の一本化のために必要な金額の融資を受けられるかはわかりません。

収入や勤務年数、現在の借入総額などを総合的に判断して融資の上限額が決められるからです。

さらに総量規制の対象になるため年収によって借りられる上限額が決められてしまうこともあります。

中には100万円の借金を一本化したかったのに、実際には50万円までしか融資が受けられなかったというケースもあります。

借金の一本化を検討している方は、事前にどのくらい借りられそうか簡易診断などを利用しながら上手におまとめローンを申込むようにしましょう。

-職業別

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.