おまとめローンのまとめ

信用情報とは!?おまとめローンをする前に確認しておきたい信用情報機関に残る情報

更新日:

おまとめローン借り入れに注意したい!信用情報とは?

いくつかのローンをまとめて管理したいという時に便利なのがおまとめローンです。

複数の融資をまとめることで返済の総額を抑えることが可能になります。

返済日の管理もより簡単になり、延滞の恐れがなくなるというメリットもあります。

そんなおまとめローンを利用したいという時に注意すべき点の一つが信用情報です。

信用情報=ブラックリスト

「信用情報」という言葉を聞いたことがないという方でも、ブラックリストといえば何かわかることでしょう。

ブラックリストといっても何かのリストが実際にあるわけではなく、自己破産や債務整理などの事故が生じた時に信用情報に記録されるということを意味しています。

もちろん何かの事故が起こっていなくても、クレジットカードやローンの申し込みなどをすればそのすべてが記録されて、どんな取引をしたかが分かるようになっています。

クレジットカードなどの契約内容、支払い状況、利用残高などの情報も含まれています。

個人情報の中でも特に個人の信用にかかわる記録が記載されているので、人種や思想、犯罪経歴などは載っていません。

信用情報は借り入れの審査に大きく影響する!

しかしどのくらいの借り入れが現在あるのかといった情報はおまとめローンなどの大きな金額の借り入れの際には必ずチェックされるものです。

万が一信用情報に事故があったと記録されていると、借り入れができなくなることが多くなります。

銀行や信用金庫などの一般的な金融機関、特に無担保で融資を行っているところからの借り入れは難しくなるでしょう。

逆に何度も融資を受けていても返済しているという実績が記録されていれば、融資を受けやすくなるかもしれません。

おまとめローンなどの融資の審査に通るためにはこの情報が極めて重要なポイントとなるのです。

おまとめローンを申し込む際には、自分の信用情報がどうなっているのかをしっかり確認する必要があるでしょう。

信用情報機関に、あなたの借金全て記録されてますよ?

信用情報には、全ての人の全ての借金が記載されている!

借金を繰り返す方の中には、一つの金融機関からの借金を返済するために他の金融機関から借り入れを行うという自転車操業をしている方もいます。

そういった方はもしかすると、自分が他の金融機関から融資を受けていることはバレないだろうと思っているのかもしれません。

しかし金融機関は審査をする時に必ず信用情報を照会して、どの金融機関からどのくらいの金額の融資を受けているかをすぐに調べることができます。

一般的に複数の金融機関から借り入れがすでにあると、新たな融資を受けることは難しくなります。

つまり審査に通りにくくなるということです。

今まで審査に落ちた経験があるという方は、信用情報が原因なのかもしれません。

甘く見ると本当に怖い!信用情報の重要性

これらの情報は日本国内においてはGIC、日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターという三つの機関で管理されています。

もちろん融資を受けた情報はこれらの機関に記録されますし、クレジットカードの支払いが遅れたり返済が滞ったりしてしまった場合には事故情報として掲載され、その後最低でも5年間は掲載された情報が消えることがありません。

自己破産や債務整理などの情報も5年から10年記録されることになります。

さらに未払い金が残ってしまっている場合には信用情報からその情報が消えることはないので、いつまでたってもおまとめローンはおろか、あらゆる借り入れが行えなくなってしまうのです。

中でも日本国内で作られるクレジットカードは100%GICの情報を参照することになっているので、事故情報が掲載された場合には絶対にクレジットカードは作れません。

信用情報機関には借金の情報はおろか、返済や延滞の記録まですべて残ってしまっているのです。

-おまとめローンのまとめ

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.