金利

おまとめローンの金利を全社比較!金利だけでなく限度額や最高・最低金利も意識して借り入れ

更新日:

おまとめローン金利を各社比較!金利が安くて使い勝手が良いのはどこ?

おまとめローンを利用する前にはまず金利を考慮することが重要になります。

おまとめローンを提供している金融機関・貸金業者はたくさんあるので、それぞれの条件を比較することが必要なのです。

さらに審査の厳しさと他の条件を比較してバランスの取れた使い勝手の良いところからお金を借りるのがベストでしょう。

場合によっては融資を受けられる金融機関が限られてしまう可能性もあります。

ではどの金融機関・貸金業者が低金利で使い勝手が良いのでしょうか。

どんな判断基準によって融資を申し込む金融機関を選ぶべきなのでしょうか。

金融機関選びの判断基準

金利で選ぶなら銀行系カードローン

まず低金利を追求するのであれば銀行系のカードローンが良いでしょう。

例えばオリックス銀行カードローンは年率3.0%から17.8%となっています。

当然借入金額が高くなればなるほど金利は低くなっていきます。

一方で三井住友銀行カードローンでは4.0%から14.5%です。

この二つの銀行を比較すると最高金利は三井住友銀行カードローンの方が、最低金利はオリックス銀行カードローンの方が低くなっています。

続いて三菱東京UFJ銀行のバンクイックでは年率4.6%から14.6%で融資を受けることができます。

みずほ銀行カードローンは年率3.0%から14.0%、東京スター銀行おまとめローンは年率5.8%から14.8%となっています。

消費者金融の金利は銀行よりも高め

その一方で消費者金融のおまとめローンはアコムで年率3.0%から18.0%、モビットでも年率3.0%から18.0%、プロミスでは4.5%から17.8%となっています。

銀行系は、審査は厳しいけど金利の安さが魅力的!

基本的には銀行系のカードローンの方が審査が厳しくなっています。

もし今まで債務整理などの事故歴がなく、借入金の総額が年収以下であればオリックス銀行カードローンみずほ銀行のカードローンなどが使い勝手の良いおまとめローンとなるかもしれません。

一方で銀行での審査に通らないかもしれないと心配であれば、アコムやモビットなど最低金利の低い消費者金融で借金を一本化すると良いでしょう。

借り入れ金額と自分の状態によって、複数社から比較して決めるのがベスト

こうして多くの金融機関・貸金業者を比較すると分かるように、多くのおまとめローンでは変動金利が採用されています。

つまり借入金額に応じて利率が変わってくるのです。

つまり自分がどのくらいの金額を借りたいかによって借金を一本化する先を決める必要があるということなのです。

信用情報によっても選択肢は変わってくる

自分の信用情報にどんな記載があるかによっても変わってくるでしょう。

借入先が現在4社以上ある場合には銀行のカードローンなどを利用するのは難しいため、消費者金融でおまとめするという結論に達するかもしれません。

一方で借入金額が数百万円単位と大きい場合には、銀行と消費者金融などの金利の差がほとんどなくなるためより選択肢が広がる可能性もあります。

複数社を比較して、ベストな選択を考えよう

自分の状況にもっとも適した金融機関・貸金業者を見極めるためには、複数の会社を比較しなければなりません。

一社で決めてしまうと返済総額が大きくなって損をしてしまうこともあるからです。

さらにそれぞれ特徴のあるサービスを提供していることもあるので、もしかすると普段よりもさらにお得に借入れができるかもしれません。

 

さらに多くの金融機関・貸金業者のホームページには簡易的に融資が可能かどうか判断できるページがあります。

年齢や年収、現在の借入総額などの簡単な項目を入力するだけで融資してくれるかどうかがおおよそ判断できます。

もっともお得におまとめローンが利用できるようにするため、必ず事前に調査と比較をして効率的に借金を返せるようにしたいものです。

-金利

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.