審査

おまとめローンに必要な年収はどの程度?年収よりも安定した職業や勤続年数が大切

更新日:

おまとめローン借り入れ時の年収は多ければ多い程良い!?

おまとめローンに限らず、融資を受ける時には年収が多いほど有利になるというのは誰もが知っていることです。

どうして年収をチェックするの?

これは融資をする金融機関・貸金業者の考えを知ると良く分かります。

金融機関・貸金業者はお金を融資して利息と共に回収することによって利益を得ています。つまり貸したお金がきちんと返ってくることがもっとも重要なことです。

しかし良く知らない個人がお金をきちんと返してくれるかどうかは分かりません。

金融機関・貸金業者としては信用できる、返済能力がある人にお金を貸したいと思います。

そこで返済能力をもっとも簡単に調べることができる収入が審査においてとても重要な要素となるのです。

おまとめローンも年収が多い方が有利

ではおまとめローン借り入れ時の収入は多ければ多いほど良いということでしょうか。

結論から言えばそうなります。

基本的におまとめローンを利用するためにはどれだけ低くても200万円ほどの年収がなければなりません。これ以下の年収では返済能力がないと判断されてしまい融資を受けることはかなり難しいでしょう。

それ以上であれば年収が高いほど審査に通りやすくなりますし、融資の金額も高額になります。

おまとめローンの場合、希望する融資の金額が数百万円単位になる事も珍しくないので、年収が高いというのは一つの武器になるでしょう。

 

金融機関・貸金業者の中には高所得者向けのおまとめを提供しているところもあります。より低金利でより良い条件で融資を受けられるという点でも年収が多い方は有利となります。

安定した職種・職業・勤続年数の方が審査の優先順位は高い

ではあまり収入が多くないという方は審査などで必ず不利になるのでしょうか。

必ずしもそうとは言い切れません。

金融機関・貸金業者の審査で重視されるのは年収だけではないからです。

金融機関・貸金業者が審査を行う場合、年収以外にも職種が安定しているかどうか、職業、勤続年数などが考慮されます。

その結果次第では収入が少なくても審査に通る可能性は十分にあるのです。では、それぞれはどのように審査に関係しているのでしょうか。

安定した職種

職種によっては審査に通過できるかどうかが大きく変わってきます。

もっとも審査に通りやすい職種は公務員です。

公務員は安定した職種の代名詞のような存在で、過去に事故歴等がなければほぼ間違いなく審査に通ることができます。

これは公的機関が倒産する可能性が限りなく低いことと、職を失う危険性もほとんどないということが影響しています。

職業

安定した職種である公務員の中でも、教師や警察官などは移動が少なく年収に関わりなくおまとめローンの審査に通りやすくなります。

同じ公務員であっても遠征や移動が多い自衛隊員は審査が厳しくなりがちになります。

さらに自営業の方と比較すると会社員として働いている方の方がおまとめローンを利用しやすくなっています。

やはり安定した収入が毎月あるというのがその大きな理由です。

勤続年数

勤続年数が1年に満たない場合にはおまとめローンを利用するのはかなり難しくなります。最低でも1年以上は同じ職場に勤務することが重要です。

中には半年程度の勤続年数でも審査に通ったというケースもありますが、これは極めてまれで1年以上の勤続年数が必要になります。

おまとめローンを申し込むにあたり、勤続年数が1年以上になるように待つ必要があるかもしれません。

 

こうした三つの要素も総合的に考慮されて審査に通過できるかどうかが決まってきます。

収入ももちろん大切ですが、他の要素によってはより優先順位が高くなる可能性もあります。年収だけを気にするのではなく、いくつかの要素を考慮しておまとめローンの申し込みをするようにしてください。

-審査

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.