返済

おまとめローンの返済額は超重要!月々の返済額で変わる総返済額

更新日:

おまとめローンの月々返済額の重要性

おまとめローンを利用する時にもっとも気になるのはおそらく金利でしょう。金利が低ければ低いほど返済する総額は少なくなると考えられるからです。

しかし金利が低いということがすなわち返済総額の減額につながるというわけではありません。

重要なポイントの一つが月々の返済額です。月々の返済額は毎月の返済の負担にも大きく影響してきますが、それと共に返済総額にも影響を与えるのでぜひおまとめローンを利用する前に確認しておきましょう。

事前に金利・月額返済額・返済期間を確認しよう

借金の一本化を利用する際には金利月額返済額返済期間がとても重要なポイントとなります。

金利が低い業者を見つける

おまとめローンは一般的に数百万円単位の融資になるので、金利が低いというのは絶対条件です。借金の一本化前よりも一本化後の方が金利が低くならなければ、おまとめする意味がまったくありません。

金利が低いおまとめローンを見つけるというのがまず初めに行うべきことです。

月額返済額・返済期間を決める

金利の低い金融機関を見つけたなら、今度は月額返済額と返済期間を見極める必要があります。

毎月返済する金額が下がると今よりも楽に借金を返すことができるようになります。

ただしその場合返済期間が大幅に伸びると返済総額が借金の一本化前よりも多くなってしまうことがあるのです。これでは最終的に損をしてしまうことになります。

せっかくおまとめローンを利用したのに損をするという失敗をしてしまうのです。そうならないためには申し込みの段階でどのように返済したら損をしないようにできるかを調べる必要があります。

おまとめローンの場合、複数の借金をまとめることになるので計算が複雑になります。金融機関・貸金業者の窓口で相談するか、場合によっては弁護士や司法書士など法律・経済の専門家に尋ねることが必要になるかもしれません。

低金利+月々返済額で、こんなに下がる最終完済額

それでも月額の返済額がそんなに重要なのかと疑問に思う方も少なくないでしょう。金利が低くなればそれで十分借金の一本化の効果が出ているではないかという意見も見られます。

しかし実際には金利と返済額の両方を確認しないとおまとめローンの効果を十分に引き出すことはできないのです。

おまとめローンの効果

たとえば

  • A社から20万円、年率14.8%、毎月1万円の返済で24ヶ月
  • B社から50万円を年率17.0%、毎月3万円の返済で20ヶ月
  • C社から30万円を年率18.0%、毎月2万円の返済で18ヶ月

借りているとしましょう。

合計で100万円を18ヶ月から24ヶ月、6万円を毎月返済するという形です。これで返済総額は114万円ほどになります。

毎月の返済額を変えずにおまとめした場合

これをイオン銀行を利用しておまとめするとします。毎月6万円返済するのは変えず、年率8.8%の金利、18ヶ月の返済期間で100万円の融資を受けると返済総額は107万円ほどとなり何と7万円以上も安くなります。これこそおまとめローンの効果と言えるでしょう。

毎月の返済額を減らしておまとめした場合

しかし毎月の返済の負担を軽くするために返済額を2万円に減らした場合はどうでしょうか。

100万円の融資を受けて金利は同じ年率8.8%、毎月2万円返済するとして返済期間は63ヶ月になります。返済総額はおよそ125万円となります。つまり毎月の返済の負担を減らすことによって返済総額は11万円ほども増えてしまうのです。

毎月の返済額が大きな分かれ道になる!

金利と月々の返済額によって最終完済額は大きく変動することが分かるでしょう。

これからおまとめローンを利用したいと思っている方は、金利だけに注目するのではなくぜひ毎月の返済額がどのくらいになるのかも考慮して、できるだけ得をするような仕方でおまとめをするように心がけましょう。

-返済

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.