職業別

おまとめローンは派遣社員では審査は不利!?勤続年数と安定性が重要

更新日:

派遣社員は正社員に比べると審査に通りにくい

以前は就職して正社員として働くというのが普通の事でしたが、現在では正社員として働くのではなく派遣社員として勤務するというケースも多くなってきました。

自分から望んで正社員になっていない方もいれば、就職先が見つからずにとりあえず派遣社員として働いているという方もいるでしょう。

正社員でない方とおまとめローンの関係でよく言われるのが、正社員でないとおまとめローンの審査に通らないということです。実際にはどうなのでしょうか。

金融機関は信用できる人にお金を貸したい

結論から言えば、確かに派遣社員の方は正社員と比べておまとめローンの審査に通りにくくなります。

その理由は金融機関・貸金業者の審査の基準にあります。

おまとめローンは基本的に現在多額の借金があって、その借金を一本化して返済の負担を減らしたい方が利用するものです。

つまり現在返済に窮していたり、多重債務の状態であったりする方が利用するということになります。

一方で金融機関・貸金業者としては当然しっかりと滞らずに返済ができる人に融資をしたいと思います。

正社員の立場

多重債務者であっても正社員として働いている人は収入も定期的で安定しており、急に職を失う確率は高くありません。

福利厚生もしっかりとしており、失業しても再就職するまで返済を続けることが可能です。

派遣社員の立場

一方で派遣社員の方は正社員ほど収入が安定しているわけではありません。特別な技術などがない限り、正社員よりも高収入を得るということは難しいでしょう。

正社員ではない方は立場が保証されているわけでもなく、急に契約を打ち切られる可能性もあります。

 

金融機関・貸金業者からすると派遣社員は正社員よりも返済能力が低いと判断せざるを得ないのです。

どうしたら審査に通りやすいの?安定した収入・職種・勤続年数が重視される

では派遣社員として働いている方が借金を一本化できないのかというとそんなことはありません。

いくつかの要素を考慮すると、どんな人がおまとめローンの審査に通りやすいのかを理解することができます。

派遣社員でも条件が揃えばおまとめローンを利用することは可能なのです。

収入

どの金融機関・貸金業者も審査でもっとも重視するのは収入の多さです。

収入が高ければ返済能力が高いと判断できます。

しかし収入の多さよりも重要視されるのが安定しているかどうかです。

たとえ毎月10万円でも何年にもわたって収入を得ていれば安定した収入があるためおまとめローンを利用できる可能性は高まります。

職種

派遣社員として働いている企業の職種なども融資を受けられるかどうかに大きく影響します。

勤務している企業が大手であればいきなり倒産する危険も少ないので融資してくれる可能性もあるかもしれません。

さらに特殊な技術を持っていたり専門職だったりする場合には正社員よりも高収入を得ている方もいるので、借金を一本化できるケースもあります。

勤務年数

勤務年数が長ければ長いほど信用に足る人物であると判断されます。

これは同じ企業・職場にどのくらい勤務しているかということです。

おまとめローンを利用するためには最低でも一年、できれば二年以上の勤務年数が必要になります。

逆に勤務年数が半年以下であると、個人の信用が足りなくなるのでおまとめローンの利用は厳しいでしょう。

 

派遣社員の方がおまとめローンを利用するためにはこの三つの要素を高めていく必要があります。

たとえばいくつかの職を掛け持ちして収入を上げたり、勤務年数が一年になるまで我慢したりするということができるでしょう。

派遣社員だからとあきらめずに、できる事を行っておまとめローンを利用できるようになりましょう。

-職業別

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.