職業別

無職ではおまとめローン出来ない!?専業主婦・主夫で配偶者に収入があれば大丈夫

更新日:

無職のおまとめローンは基本的には不可な理由

おまとめローンを利用したいという方の中には今無職であるという方もいるかもしれません。

いろいろな事情によって職を失ってしまった方もいれば、しばらくの間働いていないという方もいるでしょう。

特に仕事に就いていた時に借金をしていて、失業して返済に窮してしまったという方はおまとめローンで返済の負担を減らしたいと思うかもしれません。

しかし残念ながら、無職の方はおまとめローンを利用することは不可能です。その理由をいくつか考えてみましょう。

無職=返済能力がないと判断されてしまう

まず金融機関・貸金業者がなぜ融資をするのかという点を知らなければなりません。

金融機関・貸金業者は貸したお金を利息と共に返済してもらって利益を上げています。

したがって返済能力がある人に対して融資を行うことになります。

その返済能力をもっとも簡単に知る方法が収入なのです。

無職ということは収入がないということですから、返済能力がないと判断されます。

おまとめローンを利用するなら、まずは就職を

通常は審査によって融資の可否と上限額が決められますが、無職の方の場合にはそもそもおまとめローンの審査を申込むこともできません。

これはおまとめローンに限ったことではなく他のカードローン・キャッシングなども同様です。

失業保険をもらっているんだけど、という方もいますが、失業保険は最低限の収入とされるので、金融機関から見れば無収入と同じになります。

もしおまとめローンをどうしても利用したいという場合には、職に就くことを第一に考えましょう。

雇用形態は何であっても、職に就いたというだけで審査に申し込むことはできるからです。

「無職でも貸す」って言われたんだけど…?

しかし中には「無職でも融資します」と謳った金融機関・貸金業者がいるかもしれませんが、要注意です。

しっかりとした銀行や大手の消費者金融であれば無職の方に融資をすることはありません。

もしかすると非合法な形で融資を行っている会社かも知れないので、絶対に利用するのはやめましょう。

配偶者や両親と同居していれば、一部カードローンでのおまとめも可能

しかし無職の方であっても、利用することができるカードローンなどがあります。

無職でもカードローンを利用できる条件とは

しかしそれは条件付きで、配偶者や両親と同居しておりその配偶者や両親に収入があるという場合です。

たとえば主婦の方などがその一例です。専業主婦の方が無職なのかどうかという議論はともかく、専業主婦の方は配偶者の収入証明書を提出すればおまとめローンを利用できる可能性は十分にあります。

また両親に年金が支給されており、それが収入と判断されれば一部のカードローンはおまとめとして利用可能です。

ただし融資の限度額はそれほど高くないということは覚えておきましょう。

収入を得る=労働とは限らない

無職の方がおまとめローンを利用する方法は唯一、収入を得るしかありません。

しかしこれは必ずしも働かなければならないということではありません。

たとえば親からマンションなどの不動産を受け継いで、その家賃収入が毎月あるという方の場合にはそれを申告書に記載することができます。

すべての金融機関・貸金業者ではありませんが、中にはそれを定期的で安定した収入と判断するところもあります。

就職が一番の近道です

そうした当てがない方は、とにかく仕事に就くようにしましょう。

正社員は難しくても、パート・アルバイト、派遣社員、契約社員などで仕事に就くことができます。派遣登録したというだけでもおまとめローンの審査に申し込むことはできます。

とにかく収入がまったくないという状況を脱しないとどんな融資も受けることはできないでしょう。

可能なら仕事に就いて最低でも半年過ぎてから審査を申込むと融資を受けられる確率はかなり上がります。

ぜひ返済能力があると判断されるように努力しましょう。

-職業別

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.