おまとめローン業者別

『モビット』のおまとめローンは100万程度じゃダメ!高額でのおまとめならOK!

更新日:

モビットのおまとめローンは100万程度じゃ損をする!

おまとめローンという言葉を調べると、借金を一本化することによって借金総額や月々の返済額を減らせるという便利な方法であることが分かります。

しかし月々の返済の負担が軽くなるか、借金の総額が本当に減るのかは条件によって変わってきます。

例えばあまりに月々の返済額を減らして返済期間を延ばしてしまうと、最終的に支払う返済総額は借金に一本化前よりも増えてしまうことがあります。

金利について良く調査しないでおまとめローンを利用してしまうと月々の返済額が増えるという失敗を犯してしまう人も少なくありません。

例えばモビットという消費者金融ではキャッシングによっておまとめローンを利用することができます。

ここで注意すべきなのは金利がどのくらいなのかということです。

モビットのおまとめローンで損をしてしまうパターンとは?

モビットのキャッシングの金利は年率3.0%から18.0%となっています。

融資の上限額は800万円で業界内でもトップクラスです。

複数の借入先があっても多くの場合モビットのおまとめローンで一本化することができるでしょう。

一般的に金利は融資額が大きくなればなるほど低くなっていきます。

もし非常に高額の融資をしてもらうのであれば金利は3.0%に近づいて返済総額を減らすことが可能になります。

しかしその一方で、100万円程度のおまとめローンの場合には金利が最高金利である18.0%に近くなるのでそれほど負担が減るとは考えられません。

借入れがクレジットカードのリボ払いなどの残債の場合には金利が18.0%以下の事も多いので、モビットのおまとめローンによって逆に損をしてしまうことさえあるのです。

 

このような失敗をしないためには、借金を一本化する前にどのくらいの融資額であれば損をしないのかを計算する必要があるのです。

いくらぐらいからのおまとめなら、有りなの?200万?300万?400万?

モビットのおまとめローンは100万円程度の借入れでは損をしてしまう可能性があります。

ではいったいいくらくらいの借入れであれば借金の一本化によって得をするのでしょうか。

300万円がボーダーライン

一つの目安としては300万円以上の借入れを申込みたい場合にはモビットのおまとめローンが有効となります。

これは300万円程度の借入れから金利が他の金融機関などよりも低くなり、借金の一本化によって返済の負担が減ってくるからです。

もちろん400万円、500万円と融資額が上がれば上がるほど金利は低くなりお得になっていきます。

しかし500万円を超える融資を受けるためには収入証明書を提出する必要が出てくるため、可能であれば500万円以内に借入金額を収めた方が賢明です。

モビットの審査は比較的優しい

モビットのおまとめローンの審査で重視されるのは定期的な収入があるかどうかです。

正社員であれば当然審査に有利にはなりますが、収入がきちんとある方であればパート・アルバイトでも利用することができます。

以前に自己破産や債務整理などの事故歴があったり、現在4社以上の金融機関から借入れがあったりする場合には別ですが、最短で即日融資が可能で審査もそれほど厳しくないのが人気の秘密です。

審査はWeb上で。結果もWebで確認できる!

来店が不要ですべての手続きがインターネット上で行えるWeb完結なのもメリットと言えます。

一般的に金融機関は審査の合否を電話で連絡するものですが、モビットはその通知もインターネット上で受け取ることができるので煩わしい手続きを極限まで省くことができるのです。

もしおまとめローンを利用したいのであれば、ホームページ上で借り審査を受けると良いかもしれません。

自分がどのくらいまで借入れができるかを確認する意味でも一度利用してみることをお勧めします。

モビットでおまとめローンをする場合の金利と審査について

モビットは大手銀行の傘下にある業者

おまとめローンというとやはり金利が安くて返済しやすい銀行系の商品が人気となります。

しかし消費者金融系のおまとめローンであっても銀行の傘下にあるような場合には同じように安心して利用できるおまとめローンとなり得ます。

その一例がモビットです。

モビットというと消費者金融の一つですが、三井住友銀行グループの一つであり最近急激に人気が高まっている貸金業者となっています。

そのメリット、金利や審査について知っておくのはおまとめローンを申込むうえで非常に重要です。

ネット環境さえあれば、誰でも気軽に審査を受けられる

モビットの大きな特徴と言えるのは、条件が揃えばウェブ上ですべてが完結するという点でしょう。

カード・電話連絡・郵便物無しという非常に興味深いもので、簡単に申し込みができるという点で大きなメリットとなります。

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることや身分証や収入証明書の提出などが条件となりますが、簡単に申し込めるメリットはかなり大きいものです。

条件に当てはまらなくても審査結果を伝えるために電話がくる程度です。

気になる金利も良心的

金利はというと、最高金利が18%で融資額が大きければ大きいほど金利は下がっていきます。

他の消費者金融の最高金利が20%であることを考えると、モビットのおまとめローンには利用価値があると言えそうです。

ただし今の借入先の金利がいくらかによってお得かどうかは変わってくるので、申し込む前には必ずよく調査するようにしましょう。

審査では収入額よりも安定収入の有無を重視

審査は銀行よりは緩いのが消費者金融の特徴です。

最も重視されるのは返済能力の有無です。

高収入であるかどうはさほど重要ではなく、安定した収入があるかどうかが重視されます。

20歳未満、もしくは70歳以上の方は利用できません。

20歳から69歳までの方が利用可能で、パートやアルバイトの方であったとしても定期的な収入があれば十分に審査に通過することが可能です。

もっとも正社員の方であればさらに審査に有利になります。

審査をパスできない人のパターン

一ヶ月以上まったく収入がないという方は審査に通るのは難しいかもしれません。

加えて過去に債務整理などの事故歴がある場合には審査に通るのが難しくなることもあるので注意しましょう。

最高金利が高いので300万以上のおまとめローンなら利用価値有り!

おまとめローンとしてモビットを使うのが本当に有利になるのか疑問に思う方もいるかもしれません。

おまとめローンを申込む際にもっとも重要になるのが金利返済期間です。

金利が借金の一本化前よりも低くなるのか、返済期間が短く返済総額が少なくなるのかが大きなポイントとなります。

いかに金利が低くても返済総額が大きくなってしまっては損をしてしまいますし、そもそも金利が安くならなければ借金を一本化する意味は全くありません。

モビットが真価を発揮するのは300万円から

モビットのおまとめローンの場合、最高金利が18.0%と通常の銀行の場合などよりも高くなっています。

しかしこれは数十万円程度の少額の借入れの際の金利です。

より高額の融資を受ければそれだけ金利は安くなっていきます。

結論から言えば、300万円以上の高額の借入れの場合にはモビットでおまとめローンを組む価値があると言えるでしょう。

ただしこれも返済期間と月額の返済額をしっかり考慮した上で決定する必要があります。

 

自分一人で今の借入先に返済した場合と借り換えした場合の計算をするのは大変かもしれません。

金融機関の相談窓口ではそうした相談にも乗ってくれるので、モビットを含めいくつかの金融機関で返済の相談をしてみるなどの工夫が必要になります。

おまとめローンを賢く活用して、より負担の少ない返済を行うようにしたいものです。

-おまとめローン業者別

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.