おまとめローン業者別

みずほ銀行カードローンのおまとめローンは『エグゼクティブプラン』で!超低金利のおまとめが可能

更新日:

みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」の金利と審査基準とは?

銀行系のカードローンは消費者金融系のカードローンと比較しても金利が低く、おまとめローンに適しています。

しかし銀行系のカードローンにもいくつかの種類があり、どれにしようか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

そんな方にご紹介したいのがみずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」です。

みずほ銀行のカードローンを利用すべき人のタイプ

みずほ銀行のカードローンを利用するのがお得という方にはいくつかの条件があります。

まず低金利を希望している方、さらにみずほ銀行の口座をすでに持っている方、完済を早めたいと思っている方です。

エグゼクティブプランは高年収者向けのプランで、非常に低金利のカードローンです。

最低200万円の借入れから可能で、金利は200万円以上300万円未満で基準金利は年率7.0%、300万円以上400万円未満で6.0%、400万円以上500万円未満で5.5%で、最高借入額1000万円で金利は年率3.5%となっています。

もしみずほ銀行で住宅ローンを組んでいる場合にはこの金利からさらに0.5%が差し引かれます。

エグゼクティブプランの審査で重視されるポイントは?

みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」の審査基準では信用情報と返済能力が非常に重要となります。

金利が低いため審査はやや厳しいということは覚えておきましょう。

例えば今までに自己破産や債務整理など、信用情報に事故歴が記載されている場合には審査に通るのは難しくなります。

一方で借入れが現在ある場合でも返済の延滞などが今までなければ審査に通る可能性は十分にあります。

さらに勤続年数や雇用形態も返済能力を測る上で非常に重要なポイントとなります。

勤続年数が2年もしくは3年以上の場合、雇用形態が正社員の場合には審査に通りやすくなります。

専業主婦がエグゼクティブプランを利用する場合

専業主婦の方もエグゼクティブプランを利用することができますが、注意すべき点もあります。

専業主婦がみずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」を利用する場合にはご主人の年収や信用情報と自分の信用情報の両方が重要になるでしょう。

コンフォートプランでのおまとめはダメ!?OKな場合とNGな場合

みずほ銀行カードローンにはエグゼクティブプランの他にコンフォートプランというプランもあります。

こちらはエグゼクティブプランと比べて最高金利が高いものの、10万円から利用できるというメリットがあります。

コンフォートプランの賢い使い方

ただしケースによってはコンフォートプランを利用しない方が良いこともあります。

例えば100万円程度の比較的少額の融資の場合です。

100万円未満の場合は金利が14.0%、100万円以上でも200万円以下であれば金利は12.0%と高めです。

もし住宅ローンを利用していて引き下げが適用されたとしても、金利は0.5%引き下げられるだけとなります。

こうなるとおまとめローンにする意味がなくなってしまうため、コンフォートプランを利用する場合には500万円以上といった高額の借入れになるようにした方が賢明です。

みずほ銀行のカードローンはおまとめローンに向いている?向いていない?

ではどちらがおまとめローンに適しているのかというのは難しい問題です。

窓口で相談しながらどちらが自分に合っているのかを決める必要があります。

ただしエグゼクティブプランは高年収者向けのローンになるので、年収が400万円以上あるような方はエグゼクティブプランを選択する方が良いかもしれません。

さらに雇用形態が良かったり、返済能力が優秀である場合にも金利が低いエグゼクティブプランを利用する方が良いでしょう。

 

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座を持っていれば即日で融資を受けることも可能なので、すぐに借金を一本化したいという方にオススメです。ぜひみずほ銀行のカードローンを利用して、賢い返済を行うようにしましょう。

-おまとめローン業者別

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.