審査

家族にバレずに「おまとめローン」をする3つのポイント。電話確認・郵送物・銀行系

更新日:

家族にバレずにおまとめするなら、銀行系がイチオシ!

おまとめローンを利用する時に、不安になるのは家族にバレてしまわないだろうかということでしょう。

特に主婦の方の場合、旦那さんに借金の事は知られたくないという方も多いのではないでしょうか。

中にはせっかく家族には伝えずおまとめローンを申込んだのに、自宅に電話が来てバレてしまったという方もいます。

では家族にバレないように借金を一本化する方法はないのでしょうか。

銀行系が家族にバレにくい理由とは?

おまとめローンを申し込む先には銀行と消費者金融とがありますが、家族にバレたくないというのであれば銀行系のカードローンがおすすめです。その理由はいくつかあります。

総量規制

一つ目は総量規制です。総量規制とは借り過ぎを防ぐために作られたルールで、年収の三分の一以上の借入れができないというものです。

消費者金融のカードローンは総量規制の対象になるため審査に通らずその連絡が自宅に来てバレてしまうということがあります。

一方で銀行系のカードローンは総量規制の対象外で、総量規制が原因で借入れができないということはないでしょう。

カード

二つ目の理由はカードです。

銀行系のカードローンの場合、キャッシュカードをそのままカードローンに利用できるところもあります。キャッシュカードが財布に入っていても何ら不自然ではありません。

カードローン用のカードが発行されるところもありますが、一見するとキャッシュカードのように見えるので、他の人にバレる危険性を最小限に抑えることができるでしょう。

おまとめローンはある程度まとまった金額の融資を受けることになるので、できる限り家族にバレる心配をせずに融資を受けられるようにしたいものです。

電話確認・郵送物は不要で借りられるかまずは相談。銀行系なら在籍確認も怪しまれずに借りられる

とはいえ、おまとめローンを利用してもっとも家族にバレるきっかけになるのが郵便物です。

ダイレクトメール、審査の合否通知などによって借金のことが知られてしまうというケースが多くなります。

ここでも銀行系のカードローンの方が消費者金融のカードローンよりも家族にバレる確率を少なくすることができます。

銀行系なら怪しまれない理由とは

電話・郵送物不要でOKの銀行もある

銀行系のカードローンでは電話確認や郵送物不要で融資をしてくれるところもあります。申し込みの際に頼んでみると良いでしょう。

もし郵便物が郵送されてくるという場合には、郵便局に頼んで郵便局留めにしてもらえば自宅に届くことはありません。

さらに申し込みの際に電話確認の番号を指定することができるので、自分の携帯電話の番号にしておけば家族が電話に出てしまうということを防げるでしょう。

厄介な在籍確認も、銀行の名前なら怪しまれない

さらに在籍確認も厄介です。消費者金融から電話がかかってくれば家族も不安になってしまうかもしれません。

銀行系のカードローンであれば在籍確認があっても家族に怪しまれることはないでしょう。

在籍確認が行われる際には銀行名か担当者の氏名でかかってくるからです。

銀行からは借金をしていなくても融資やローンなどのサービスの電話がかかってくることがあるので、おまとめローンについて内緒にしていても怪しまれることはないでしょう。

バレるときはバレるので覚悟はしておきましょう

ただしおまとめローンについて内緒にしていても、やはりバレてしまうことはあります。

特に専業主婦の方の場合には融資の限度額が小さかったり、旦那さんの収入が必要だったりして話さざるを得ないということもあるでしょう。

借金が大きくなりすぎておまとめローンを利用するのに内緒にしておけないということも考えられます。

もっとも良い方法は配偶者に話して双方納得した上でおまとめローンを利用することなので、しっかりと話し合えないかどうかをまず検討するようにしてください。

-審査

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.