職業別

派遣社員のおまとめローンは厳しい!?そんな事ない!安定収入と高収入がポイント

更新日:

派遣社員のおまとめローンは、正社員に比べて不利な理由

今は正社員として働くのではなく、派遣社員として働いているという人も増えてきました。

一般的に派遣社員は正社員と比べておまとめローンなどの融資を受けにくいと考えられています。

確かに正社員と派遣社員とを比べると、正社員の方が審査に通りやすいのは事実です。その理由についていくつか見ていきましょう。

安定性

正社員であれば雇用形態が保証されており、いきなり職を失うということはあまりありません。

近年リストラが社会問題になっていますが、それでも非正規社員と比較すればその安定性は格段に上です。

一方で派遣社員の場合、いつ雇用を打ち切られるかわからないので審査が厳しくなってしまいます。

同じ非正規社員の方でも、勤務している会社が大手の企業であるか、それとも中小企業であるかによっておまとめローンの利用の可否が分かれてきます。

企業の安定性も収入の安定性に大きな影響を及ぼしているのです。

同じ職場への勤務年数

正社員の場合、基本的にずっと同じ会社・職場に勤務し続けることになります。

その一方で派遣社員は短期でたくさんの会社・職場に勤務することが多くなります。

いろいろな会社・職場に行くということは勤務年数が短くなるということです。

多くの金融機関・貸金業者では勤務年数が1年以上でないと融資をしないので、この点でも派遣社員の方は不利となってしまいます。

年収・臨時収入

正社員は一般的に非正規社員の方よりも年収が高くなっています。

さらに正社員にはボーナスや賞与といった臨時収入が与えられることがあります。つまりトータルとしての年収が多くなる傾向があるのです。

しかし派遣社員の方はボーナスが出ることもないので年収が少なくなり審査に通りにくくなります。

加えて固定給と歩合給に分かれている場合には固定給の方しか収入として認められません。

特に完全出来高制を導入している場合には審査にかなり不利になってしまうことでしょう。

安定収入・高収入ならまったくもって問題無い

では派遣社員の方がおまとめローンを利用することはできないのかというと決してそんなことはありません。

というのは、金融機関・貸金業者が審査で最も重視するのは返済能力の有無だからです。

そして返済能力は収入、勤務年数、現在の借入先の数、借入れ総額などによって判断されます。

つまり安定収入があってそれが高収入であれば、非正規社員の方でもおまとめローンを利用することは十分に可能であるということなのです。

審査を通過できる派遣社員の条件とは

派遣社員といっても、いろいろな雇用形態があります。

たとえば同じ職場に長期間勤務している場合には、いろいろな現場に行っている人と比べて信用があると判断されるでしょう。

さらに派遣社員として働いていても、非常に高度なもしくは稀な技術を持っていて収入が非常に高い、もしかすると正社員の方よりもはるかに高い方もいます。

そんな方の場合には審査に通るのはさほど難しくありません。

「自分には無理そう」とあきらめないで!

返済能力があると判断される場合には、正社員の方と同じくらいの限度額でおまとめローンを利用することもできるかもしれません。

現在の収入がそれほど多くなく、特別な技術がないという方もおまとめローンの利用をあきらめてはいけません。

審査に通るのに重要なのは年収なので、複数の派遣登録サイトに登録して掛け持ちをすれば収入の金額を上げることができます。

 

審査に通るかどうか不安という場合には各金融機関・貸金業者のホームページに簡易診断のサイトがあるので診断してみることができるでしょう。

正社員ではないからとあきらめてしまわずに、負担を減らすためにおまとめローンが使えないかどうか試してみてください。

-職業別

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.