職業別

外国人のおまとめローンは永住権がキーポイント!日本語も話せれて収入があればOK

更新日:

外国人のおまとめローンは難しい?永住権を持っているかがキーポイント

日本にいてお金に困ることがあるのは日本人に限られません。

日本には外国からの労働者がたくさん入ってきているので、外国人の方の中にもお金が必要になったという方がいることでしょう。

特に日本は多くの国と比較して物価が高いので、生活するのは容易ではありません。

母国に仕送りをしている外国人労働者にとって簡単に借入れができる消費者金融は便利な現金の調達方法になります。

しかしその借金も繰り返すと大きな借金になり、返済が難しくなってしまうことがあるかもしれません。

そんな場合にはおまとめローンを利用すると返済の負担が減る可能性があるのですが、問題は外国人がおまとめローンを利用することができるのかという点です。

外国人がおまとめローンを利用するには

結論から言えば、外国人の方もおまとめローンを利用することはできます。

今では多くの金融機関・貸金業者が海外から来た労働者向けの貸し付けを行っているからです。

しかし借入れを行うためにはいくつかの条件をクリアしなければなりません。

日本の永住権を持っていること

何よりも重要なのは日本の永住権を持っているかという点です。

永住権を取得するのは大変です。配偶者が日本人であればあまり問題になりませんが、基本的には素行が良いこと、生計を立てる資産や技能を持っていること、10年以上連続して日本に居住していること、納税などの義務を履行していることなどが永住権取得の条件となります。

日本語の読み書きができること

おまとめローンを申し込む際には永住権を持っていることに加えて日本語の読み書きが上手に行えるということも必要です。

10年以上連続で日本に居住しているのであれば読み書きはある程度できるはずですが、融資を受ける際には通訳を介さなくても良いくらいは言語力があるべきでしょう。

永住権を持っていないなら、消費者金融での借り入れも可能

では永住権を持っていない外国人の方の場合にはおまとめローンを利用することはできないのでしょうか。

永住権がない場合には銀行のおまとめローンを利用するのは難しいでしょう。

しかし消費者金融の中には永住権を持っていない方に対しても融資を行っているところが複数あります。

カードローンなので、使途が限定されず借金の一本化のためにも利用することが可能です。

ただし永住権がない方もパスポートなどの身分証明書、外国人登録証明書、在留カードなどしっかりと国から滞在の許可を得ているという証明書の提出が求められます。

不法滞在者の場合、強制送還されてしまう恐れがあるからです。

外国人の審査は厳しいって本当?

中には外国人の方が融資を受ける際には審査が厳しくなるとか融資の限度額が引き下げられてしまうと考える方もいます。

しかし実際にはそんなことは一切ありません。

審査に関して重視されるのは定期的で安定した収入があるかどうかです。

これは日本人でもそうでなくても同じです。ですから外国人だから収入があるのに審査に落とされるということはなく、平等な審査が行われます。

ただし日本語の読み書きが十分にできないという点については審査に影響を及ぼすので注意が必要です。

融資の審査に国籍は関係ない!

融資の限度額についても同じことが言えます。審査は会社によってルールが定められており、そのルールには国籍は関係ありません。どんな人でも収入や勤務年数、現在の借入先の数、借入総額などを考慮して限度額が決定されています。

日本人であっても事故歴があって信頼に足る人物でないと判断されれば審査には通りませんし、外国人の方でも定期的な収入があり返済能力があると判断されればルールに則って限度額が設定されます。

ですから外国人の方も自分は日本人ではないからおまとめローンを利用することはできないと思わずに、一度金融機関で申し込んでみてはいかがでしょうか。

-職業別

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.