職業別

フリーターでも安定収入があれば、おまとめローンは借りられる!?最低年収200万は必要

更新日:

フリーターでもおまとめローンは借りられる?

おまとめローンを利用したいと思ってはいても、自分はフリーターなので融資を受けられるはずがないと思うかもしれません。

インターネットを見るとフリーターはおまとめローンを利用することはできないという書き込みも良くあります。

しかしあきらめる必要は全くありません。実はフリーターでもおまとめローンを利用することは可能なのです。

金融機関の審査の基準をチェック

なぜフリーターでも融資を受けられると言えるのかを知るためには、金融機関・貸金業者がどんな審査基準で融資をしているのかを知る必要があります。

金融機関・貸金業者はお金を貸して利息と共に返ってくることによって利益を上げています。

金融機関・貸金業者にとってもっとも困るのは貸したお金が返ってこないということです。

ですから審査の際にもっとも厳しくチェックされるのは返済能力なのです。

「返済能力」って何?

返済能力にはいろいろな事が関係しています。

当然年収や勤務年数、役職などが主な項目になりますが、その他にも既婚か未婚か、年齢はいくつかというのも吟味されます。

その結果返済能力に疑問があると審査に落ちてしまうのです。

返済能力さえあれば大丈夫!

逆にフリーターであったとしても、返済能力があると判断されればおまとめローンを利用することができます。

一年あるいはそれ以上同じ職場に勤務している、以前にも借入れをしていたが滞納なく返済していた、フリーターでもある程度の役職についているといった場合には返済能力があると判断されることが多くなります。

つまりフリーターだからといって審査が厳しくなるということはないのです。

確かに正社員として働いている方が審査に通りやすくなるのは事実ですが、正社員でなくても融資を受けることは十分可能です。

最低年収200万に届いていない場合は、どうしたら良いか?

フリーターの方の中には年収が200万円に届いていないという方もいることでしょう。

そんな方の場合にはさすがにおまとめローンを利用することができないと思うことでしょう。

しかしそんなことはありません。

借入金が300万円未満なら年収はあまり関係ない!

確かに年収が高くなればより限度額を大きくすることはできます。

おまとめローンを利用する時には数百万単位で借金を一本化することも多いので、年収が高いにこしたことはありません。

とはいえ、覚えておくべき点があります。

それは年収が審査に大きく関わってくるのは収入証明書を提出する時だということです。

多くの金融機関・貸金業者では300万円未満の借入れであれば収入証明書を提出する必要がありません。

もちろん事前に正直に年収を申告しなければなりませんが、300万円未満の借金の場合定期的な年収があればその多少は審査にそれほど大きな影響は及ぼさないのです。

年収が200万円未満の場合は、地道に返済実績を作ろう

年収が最低年収200万円に届いていない方のおまとめローン対策としては、少額の融資を受けて返済を繰り返すという方法があります。

一気に数百万円という融資を受けるのは難しいので、数十万円単位の借金をしてしっかり返済するのを繰り返すのです。

そのようにして返済の実績を積んでおくと個人としての信用が上がっていきます。

金融機関・貸金業者とするとフリーターであったとしても信用できる人に融資をしたいと思っているので、返済を期日通りに繰り返していくと融資の限度額を引き上げてくれることがあるのです。

最初は限度額が10万円かもしれませんが、返済を繰り返すことで限度額は50万円、100万円と増えていくかもしれません。

それでも最大で年収の半分程度が限界であることは覚えておきましょう。

さらに限度額が上がるとさらにお金を借りてしまうこともあるので、計画的に利用できるようにしたいものです。

 

フリーターの方はぜひ自分の信用を挙げることから始めましょう。

-職業別

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.