返済

クレジットカードのリボ払いは超高金利!?おまとめローンで超低金利返済が可能

更新日:

クレジットカードのリボ払いはほとんどの会社が18.%の高金利!

おまとめローンを利用したいと思っている方の中には、クレジットカードのリボ払いの借金をまとめたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

クレジットカードのリボ払いは大変便利ですが、限度額まで使っても毎月の返済額が一定なので気をつけていないと使いすぎてしまうのです。

クレジットカードを限度額まで使い切ってもまだ買い物がしたい場合には別のクレジットカードを作ったりお金を借りたりしてあっという間に多重債務者になってしまうこともあります。

さらに総量規制によって年収の三分の一以上の借入れができないことになっているので、返済に窮してしまうという方も多いのです。

便利なリボ払いの罠

リボ払いをいつまでも利用しているというのは賢い方法とは言えません。

なぜならクレジットカードのリボ払いのほとんどが18%という非常に高金利の借金となっているからです。

クレジットカード会社としては利用者が一括で払ってしまっては利益を上げることができません。そこでリボ払いを作って、毎月ある程度の利益を得られるようにしているのです。

しかし金利が年率18%というのは、消費者金融で借金をするのとさほど変わりがありません。それでいて返済を続けても元本がそれほど減らないので、ひたすら利息を返していくという悪循環に陥ってしまうこともあります。

リボ払いは賢く活用しなければトラブルを引き起こすものとなりかねないのです。

銀行か消費者金融のリボ払いを借り換え、おまとめすれば100%得をする

リボ払いで苦しんでいるなら、おまとめローンがおすすめ!

リボ払いを利用して多重債務者になってしまった場合には、おまとめローンが非常に助けになります。

現在、おまとめローンとして利用できるものとしておまとめ専用ローンや低金利のカードローンなどがあります。そのどちらもクレジットカードによってできた借金を一本化することが可能です。

そしてこのおまとめローンこそ、借金の返済において絶対に得をする方法となります。

おまとめで得になる理由

なぜ銀行や消費者金融のおまとめローンがクレジットカードよりもお得なのでしょうか。

金利の低さ

おまとめローンの金利は一般的に非常に低くなっています。というのも、多重債務者向けの融資なので金利が低くなければ意味がないからです。

通常のカードローンも金利は非常に低いものです。リボ払いは多くが年率18%という非常に高い金利を採用しています。

しかし一般的に高いと言われている消費者金融でさえ、おまとめローンに関しては会社によって年率が4.5%から18%程度となっています。

18%であればリボ払いと変わらないのではないかと思うかもしれませんが、これは融資金額が10万円といった少額の場合です。

通常おまとめローンは数百万円単位の融資になるので、金利はさらに低くなり返済総額を大幅に減らすことができるでしょう。加えて毎月の返済額も減らすことができるかもしれません。

返済日を一つにまとめられる

毎月の返済日も一つにまとめることができ、精神的な負担も実際の返済の負担も減らすことができるでしょう。

おまとめは本当にお得なの?

本当におまとめローンがクレジットカードよりもお得なのか疑問に思う方もいますが、実際には100%得をすると言っても過言ではありません。

金利の低さから言っても間違いなくおまとめローンの方が効率的に借金を返済することが可能です。

ただし実際におまとめを利用する時には返済期間と返済総額に注意が必要です。毎月の返済額が少なくなると返済期間が伸び、最終的な返済総額が大きくなってしまうこともあります。

こうした失敗を防ぐためにも、ぜひおまとめローンの申し込み前にどのくらいの返済総額になるのか、どのくらい得をするのかを計算するようにしてください。

-返済

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.