おまとめローンのまとめ

カードローンでおまとめローン!?一般おまとめローンとの違いとは?

更新日:

カードローンとおまとめ専用ローンとの違いとは?

さまざまな金融機関のホームページでは借金を一本化するための商品がたくさんアピールされています。

どの商品を見ても借金をまとめるという点では一緒なのではないかと思うかもしれませんが、実はそうではありません。

おまとめ専用ローンカードローンとでは違いがあるのです。

中にはカードローンをおまとめローンの代わりに使っている人もいますが、状況によってはそうしない方が良いこともあります。

ではカードローンとおまとめローンの違いにはどんなものがあるのでしょうか。

カードローン

銀行系であれ消費者金融系であれ、カードローンはどんな目的のために使っても良い融資の一つです。

事業用の資金に用いる事だけが禁止されていますが、それ以外であれば趣味に使っても生活費として使っても問題はありません。

もちろん借金を一本化してその返済に使うということもできます。

中には借金の返済に使用しないように書かれているカードローンもありますが、実際に使途を説明することはないので問題になる事はほとんどないでしょう。

ただ単にお金を借りるだけというのがこのローンの特徴ということになるでしょう。

おまとめローン

カードローンに対しておまとめローンには明確な目的があります。

それは借金を一本化して返済の負担を軽くするというものです。

借金を一本化して金利が低くなれば毎月の返済額を減らすことができ、さらに返済総額も少なくすることができます。

一般的に借金の総額が大きくなれば金利は安くなっていくので、複数の金融機関から少額借りるよりはそれをまとめて一つの金融機関から借り入れた方が返済の負担が少なくなるのです。

ただしおまとめローンを申し込む前には必ず金利や返済期間を計算し、本当に返済総額が少なくなるのか、負担が減るのかを調べる必要があります。

カードローンなら、おまとめ後でも追加で借り入れ可能

おまとめローンにもたくさんのメリット・デメリットがあるので、複数の金融機関の商品を比較して決める必要があるでしょう。

一方でカードローンにも多くのメリットがあります。

カードローン最大のメリットは「自由さ」

金利の低さや審査の緩さもその一つですが、さらに追加での借り入れができるという点も魅力です。

このローンは使い道が限定されないローンであるため、おまとめローンの代わりとしても利用することはできます。

しかし一度審査に通ってしまえば限度額まで何度も融資を受けることができるのです。

例えば審査によって150万円の融資枠を得られたとします。

複数の金融機関の借金をまとめると120万円になりました。

すると残りの30万円分の融資枠は別の用途で使うことができるということになるのです。

おまとめ後でも追加で借り入れ可能なのが便利です。

もちろん追加の融資も用途は限定されないので、ちょっと生活費が足りない時などには利用することができるでしょう。

借り過ぎには注意を

カードローンで借金を一本化した場合には注意が必要です。

中には返済総額が少なくなったことを借金がなくなったことと勘違いする人がいます。

さらに残った融資枠を無計画に使ってしまう人もいるのです。

しかし借金を一本化しても元本は返済しなければなりませんし、追加の融資を受けても同様に返済していかなければなりません。

せっかくおまとめローンによって月々の返済の負担が軽くなっても、さらに借金を重ねてしまっては意味がありません。

もし残った融資枠を使うことになったならその目的と返済する方法を明確に決めておくことが重要です。

例えば生活費として利用して次の給料日に返すといった具合です。

 

さらなる借金苦に陥らないように、カードローンもおまとめローンも計画的に利用するようにしましょう。

-おまとめローンのまとめ

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.