借り入れ金額別

500万以上のおまとめローンになると、審査は困難!月々の返済額を増やして、最低金利の低い低金利の銀行系を

更新日:

500万以上のおまとめは、月々の返済も大変!銀行系しか対応不可

おまとめローンで借金を一本化するのは賢いけれども…?

おまとめローンは多重債務者にとって返済の負担を少しでも楽にする方法の一つです。

複数の借入先から多額の借金がある場合、借金を一本化することによって返済日を一つにすることができます。

加えて借金は借入金額が大きくなればなるほど金利が下がっていきます。

つまり一本化した方が低い金利で融資を受けられる可能性が高いということです。

毎月の返済額を減らして返済総額も減らすことができるかもしれません。

しかし500万円以上の借金をおまとめしようと思うと少し話は違ってきます。

500万円以上おまとめローンした場合に考えられること

収入証明書が必要になる

まず500万円以上の借金をおまとめしようとすると収入証明書の提出が必須になります。

定期的な収入があって返済能力があることを証明できなければ融資を受けるのは難しいでしょう。

毎月の返済額が高額になる

さらに大きな問題になるのは毎月の返済額です。

各金融機関・貸金業者のホームページでは毎月の返済額が数千円と書かれていますが、これは主に10万円前後の融資を受けた場合でおまとめローンには当てはまりません。

もし500万円以上の借金を一本化した場合には月々の返済額がはるかに高額になります。

金融機関・貸金業者によって毎月の返済額は異なりますが、500万円をおまとめした場合のおおよその月額返済額は6万円前後です。

もちろん借入金額が500万円以上になった場合には月額返済額もそれに応じて増えていきます。

毎月の返済額が数千円と思って融資を受けたものの、実際には何倍もの金額を返済しなければならないということにもなりかねません。

限度額の問題

しかも多くの消費者金融は融資の上限額が500万円までとなっているので、それ以上の融資を受けたい場合には銀行系のおまとめローンしか対応することができません。

銀行系のカードローンなどは審査もより厳しくなることも覚えておきましょう。

最低金利が低い銀行系を選び、月々の返済額は最低10万は見ておこう

ではおまとめローンを利用する時にはどんな点に注意すべきなのでしょうか。

金利の低い銀行系のローンを選ぶこと

言うまでもなく500万円以上という非常に高額の融資を受ける場合にはできるだけ最低金利が低い銀行系のカードローン/おまとめローンを選ぶようにします。

500万円以上の借入れであればほとんどの銀行で最低金利に近い金利で融資を受けることが可能です。

銀行系のカードローンの最低金利は3%から4%程度なので、このくらいの金利でお金を借りることができるでしょう。

金利がほんの少し異なるだけで返済総額が大きく異なることもあるので注意が必要です。

おまとめ専用ローンなどもありますが、カードローンを選ぶと借金の返済以外にも使うことができるので便利です。

毎月の返済額が高くなることを考慮すること

一方で500万円以上の借入れをする場合には毎月の返済額は10万円前後になる事を覚悟すべきです。

10万円前後の返済額であればおまとめローンによって返済総額を減らすことができるからです。

ただしどうしても月額10万円は払えないという方は、窓口で相談してみると良い解決方法を教えてくれるかもしれません。

一緒に返済計画を立ててくれる金融機関もあります。

臨時返済をどんどん使うこと

加えて上手に活用すべきなのが臨時返済です。

これはボーナスなどの臨時収入があった時に毎月の返済とは別に返済を行うことです。

臨時返済では利息以上の金額を返済することが多いため、元本を減らすことができその後の返済の負担が軽くなります。

返済期間も短くすることが可能なので、全体として返済総額を減らすことができるでしょう。

 

500万円以上のおまとめローンを利用する時には綿密な計画が必要になります。ぜひ融資を受ける前に不安な点をしっかりと確認して申し込みに臨むようにしてください。

-借り入れ金額別

Copyright© まとマネ , 2018 All Rights Reserved.